Mt.HODAKA Trail Journey 37K

b0259581_927964.jpg

UTMH組をお見送りし
b0259581_927895.jpg


@shinom0211 と
河童橋STARTし、前穂高、奥穂高、涸沢、横尾を経由しゴールの小梨平キャンプ場に帰って来るMt.HODAKA Trail Journey 37K。
b0259581_9265140.jpg


テントを設営し8時に河童橋をSTART!コースタイムは15時間20分。
b0259581_9264637.jpg
b0259581_926524.jpg


b0259581_9264726.jpg

b0259581_926483.jpg


b0259581_9264871.jpg

b0259581_9264977.jpg

b0259581_9265028.jpg


岳沢小屋ここからの風景イイ。

前穂はガスガスのため山頂はパス。
3000mだと酸素の薄さを感じる。

奥穂高へ
標高3190m。日本で三番目に高い山。
b0259581_9265210.jpg

b0259581_9265380.jpg


穂高岳山荘のエイドステーションへ。
b0259581_927663.jpg

b0259581_927617.jpg

b0259581_927787.jpg


850円でカレーと味噌ラーメンが食べれる。
山小屋のクオリティーはヤバイ!

次の涸沢小屋を目指す。
b0259581_9265468.jpg

b0259581_9265557.jpg

b0259581_92655100.jpg


涸沢小屋
b0259581_9265668.jpg

b0259581_9265745.jpg


b0259581_9265884.jpg


横尾を目指す途中にオーバーヒート寸前なので頭からドボン。
マジで冷たく気持ちイイ〜!
b0259581_9265850.jpg


b0259581_9265958.jpg

b0259581_927028.jpg

b0259581_927096.jpg


横尾からは走れる林道が続く。
b0259581_927165.jpg

b0259581_92723.jpg


最後はお互い追い込み小梨平キャンプ場でゴール!
Timeは9:20:22
b0259581_927348.jpg

b0259581_927454.jpg


帰ってきてからはお風呂に入れる!この嬉しさ。本当に快適。

夜は晩御飯食べながらミーティング。
b0259581_927441.jpg

b0259581_927574.jpg



夏のトレーニングは上高地合宿で決まり!!

来年はUTMHにも出られるように山力を上げて行きたい!
[PR]
# by motonose166 | 2013-08-07 19:19 | Comments(0)

7/21霧島えびの高原エクストリームトレイル60キロ

霧島えびの高原エクストリームトレイル60キロ当日。
b0259581_18491347.jpg


今回の装備は
ザック Ultraspure Alpha
b0259581_18491427.jpg

ウェアMHW Way2Cool Short Sleeve
Cool Qの冷却システムは暑さ対策には間違いないでしよ!
b0259581_18491556.jpg


パンツRaceReady
このポケット多さが行動食を入れたりゴミを入れたりとレース中、本当に役立つ。

キャップ CAPO Headband Neoplene Shield

サングラス OAKLEY Frogskins Custom
水は1.5LをSalomon Soft Flask500ml2本とアンフィーポッド500ml
足元は
SPORTIVA Ultra Raptor ウルトララプター なんだかんだ信頼してるラプターで!
START前に凄い方々と一枚。
b0259581_18492797.jpg


5時START。
b0259581_18491212.jpg


前半の25キロまでは林道とロードと走力が試される。
b0259581_18491596.jpg
b0259581_18492612.jpg


途中ジェルなどの行動食を全く受け付けず、吐き気、頭がボーッとしたが、止まらず動きながら、ジェルを少しづつ水で流し込み復活出来た。
25キロから30キロ地点の行動食の取り方が上手く出来ていなかったと反省。
b0259581_18491719.jpg

写真はお借りして。
b0259581_1849399.jpg

いくつかドボン出来るPointがあのでドボンする事をオススメします!
b0259581_18492356.jpg


b0259581_18492470.jpg

昨日登った韓国岳
b0259581_18493072.jpg

b0259581_18493120.jpg

10:18:22でフィニッシュ。

スタートからゴールまで本当に楽しむ事が出来た。
これも選手、ボランティアの方々、運営の方々のお支えあってのゴールです。
本当にありがとうございます!

宮崎、熊本、福岡と18年間位、九州に住んでいたので、宮崎弁、熊本弁、博多弁の記憶が戻ってきて、勝手に『俺のふるさとだ〜!』と九州で走れている事が本当に嬉しかった!

自分はやっぱ九州があうごた〜。
リザルトはこちら
b0259581_18492543.jpg

トレイルランニングを通して色んな方々との出会いが本当に楽しいし、人との繋がりに本当に感謝。

来年はコース変更があり、
コースバリエーションも広がり面白くなると噂もあるので来年も是非参加したい。
b0259581_18492978.jpg


大会中GoProで撮っていた映像がカッコいい!

大会が終わり実家の熊本で一泊。
b0259581_18493280.jpg

b0259581_18493369.jpg

b0259581_18493492.jpg


帰りに博多に寄り道。
天神にある一風堂へ。ここのラーメンが美味しいんです!
b0259581_18493533.jpg


まだまだ九州には隠れたトレイルが多く残っているし、
これからもロングの大会が少しづつ増え九州が盛り上がって行きそう。
嬉しい事に熊本が実家なので、実家を起点に自分も九州のトレイルを開拓をしていこ。
[PR]
# by motonose166 | 2013-07-22 23:37 | トレイルランニング | Comments(0)

霧島えびの高原エクストリームトレイル60K

霧島えびの高原エクストリームトレイル60キロ参戦。
b0259581_4212843.jpg

b0259581_420648.jpg


ロードを含め42.195kmを超えるロングレースは九州では初開催となる記念すべき大会。

伊丹空港から朝一の便で熊本空港へ。フライト時間は40分、1時間程で熊本に到着。
b0259581_420756.jpg

前日から実家に帰っていた兄に実家の車で迎えに来てもらい、そのまま九州自動車道でえびの高原へ。
インターを降りてすぐ向かった先は。
道の駅えびの高原。
b0259581_4203172.jpg

ご当地フードが沢山。
b0259581_4202951.jpg
鳥肉の炭火焼は絶品。
b0259581_4203072.jpg

ご当地物をリーズナブルなお値段で食べられる道の駅はオススメ!
腹ごしらえを終え、11時にえびの高原に到着。

実は3才から小学三年生まで宮崎市内に住んでおり、毎年家族と一緒に霧島の韓国岳(からくにだけ)を登り山頂でラーメンを食べる事が恒例行事になっていた思い出の場所。
早速準備し韓国岳にアタック。
b0259581_420758.jpg

b0259581_420885.jpg

b0259581_4202542.jpg

b0259581_4202673.jpg


登りながら所々、『この場所覚えてる、懐かしい〜』と昔の記憶が蘇ってくる。
b0259581_4201042.jpg


昔は登りに1時間半〜2時間、下りに1時間かかった所をトレイルランニングで行くと登り35分、下り15分。

韓国岳山頂到着。
b0259581_4201997.jpg


でっかいクレーター!!
b0259581_4201210.jpg

b0259581_420139.jpg

b0259581_4201497.jpg

b0259581_4201589.jpg

直径900m深さ300mこの場所に立つだけで足が竦んでしまう。
b0259581_4202319.jpg


高千穂峰をバックに一枚。
b0259581_4201516.jpg

山頂から見える景色は最高だった。
こんな景色を小さい頃から見せに連れて来てくれ、山遊びの楽しさを教えてくれた両親に感謝感謝。
b0259581_4202450.jpg

b0259581_4202463.jpg


まだまだ九州は未開拓の地が多く、高千穂、九重、雲仙、など行ってみたい山が沢山ありリサーチをしてい行かなければ。

山を降りてからは受け付けとブース周り!
トレランのレースと言えばこのお方。
@NewHALE_koji
b0259581_4201749.jpg

コースガイダンスとトークショー関東のレースとは雰囲気が違い、程よいユルさが新鮮だった!
b0259581_4201712.jpg

b0259581_4201868.jpg

コースガイダンスのほとんどが
『脱水、熱中症がヤバイので注意を。』
『明日は暑いので頑張り過ぎず』
『無理はしない。』
『辞める勇気を。』
『水は1.5L。』などなどかなり暑さに警戒した内容に。
おそらく明日は暑いのだろう。汗汗

でも明日は楽しみながら頑張ります。

霧島えびの高原エクストリーム60k、5時スタート!
21時に就寝。おやすみなさいzzzzzzzz
続く。
b0259581_4212755.jpg

[PR]
# by motonose166 | 2013-07-22 06:45 | トレイルランニング | Comments(0)

Ultraspire Alpha

Ultraspire 新商品Alpha 

今まではUltraspire エボリューション(重量240g)を使用していたが、もっと計量でミニマルなモデルが欲しくなりAlphaを購入。
b0259581_22382062.jpg


身長180cm 体重72kg の僕がs/mサイズでバッチリ。
今期のUltraspireは生地の改良がされており以前より通気性と軽量化がなされていた!
重量は207gと計量。

前には2つのメッシュポケットがありボトルや行動食、地図、iPhoneを収納出来る。

b0259581_22381389.jpg

メッシュPocketの上にある左のPocketはマグネットで簡単に開閉し防汗素材なので塩熱サプリやブドウ糖など素早く補給出来るモノを入れる。
右はジッパー付きの伸縮性のあるPocketなので目薬など小物を入れている。

サイドにはジェル1-2個を入れられるポケット。
b0259581_22381060.jpg


背面は左右からアクセス出来るマグネットで開閉出来るポケットがあり、シェルや行動食の出し入れが楽。
本当は秘密にしておきたいけど
実は、、、、
Salomon Soft Flask 500mlもすっぽり収まってしまう。
b0259581_22381173.jpg

これってレボリューションと一緒の使い方が出来るんです!!!
b0259581_22381699.jpg


購入時に2Lのハイドレーションが付いているのでかなりお買い得!
b0259581_22381750.jpg


2日間テストしたが、全く揺れを感じず、走っている時はザックが動きに合せてついて来るので全くストレスを感じない。
行動食、塩熱サプリやボトルがすぐに取り出せて便利!
RaceReadyと組みわせたら収納UPで最強。

今回の宮崎で行われる霧島•えびの高原エクストリームトレイル60キロの大会での使用決定!
最近はボトルばかりを使用しているので、付属品のハイドレーションが改良され飲みやすくなっているので久しぶりにハイドレーションをレースで使う予定。
b0259581_22381923.jpg


また、UltraspireAlpha レポします!
[PR]
# by motonose166 | 2013-07-07 01:03 | トレイルランニング | Comments(0)

Mt.Rokko Hardcore MTB団

Mt.Rokko Hardcore MTB団
40分の担ぎで秘密のトレイルへ。

[PR]
# by motonose166 | 2013-06-14 14:17 | Comments(0)