立山バックカントリー&テントセッション!

11月22ー23日に
立山バックカントリー&テント泊セッションをして来ました。
b0259581_13261162.jpg


今回の旅は@nobu1080と@ gentem_dpt のスノーボーダー3人で!!
b0259581_13261427.jpg

b0259581_13261699.jpg


ケーブルカーが点検中のため今回は室堂ターミナルに直通のバスが出る事に!
b0259581_13261953.jpg


でもこっちの方が乗り換えなくて楽なんです。1時間半バスに揺られながら爆睡し室堂に到着。
b0259581_132624100.jpg

b0259581_13262728.jpg


外に出ると天気は曇りガスが多い。
b0259581_13263076.jpg


スプリットボードをハイクモードに切り替え、テント場の雷鳥平へ。

今回はお宿はfinetrack ポットラック!
1,16kgの計量ワンポールシェルター!
b0259581_1326311.jpg


床なしのシェルターなので地面は雪!
b0259581_13263519.jpg


雪から飲み水を作るのですぐに雪がとれ、お湯を沸かした際に出るユゲがすぐに逃げるのでシェルタ内はほとんど結露せずに快適に過ごせます。

シェルターの周りに雪のブロックで囲む事で下から風や雪を防ぐ事が出来た。

寝袋は!
Sky High Bag 550
快適使用温度/使用可能限界温度:-15℃/-25℃
b0259581_13263796.jpg

赤ジッパーがたまらなくかっこいい!

それにダウンジャッケット、ダウンパンツ、Sky High Down Booties を組み合わせると快適に過ごせた!

マットレスは!
サーマレスト ネオエアー オールシーズン レギュラーサイズ(Therm-a-Rest NeoAir All Season)を使用。
ポリエステル生地を使用し、内部には3枚の熱反射板を使うことで肌触りが良く、冬でも快適に使用出来るマットレスです。と説明がある。
背中からの寒さは全く感じず、183cmもあるので頭か足まですっぽりマットの中に入るので非常に身体が楽だった!
b0259581_13263950.jpg


b0259581_13264216.jpg

バックパックは!
HAGLOFS RAND 48
何でも入る優れもの。

ウェアは!
AK457
Guide Jacket
HI-TOP PANTS
AK457は竹内政則さん、藤原ヒロシ、FYIのトムルースが開発に関っており、バックカントリーのフィールドに出た時にその機能の良さを実感できる。

板は!
K2 Panoramic 162 SplitBoard
スノーボードを背負わなくてもいいのが本当に快適だった!
b0259581_13264639.jpg

K2 Panoramic SplitBoard は計量で板の取り回しもよい!スプリットボードの可能が、広がります!

ブーツは!
DEELUXE / SPARK XV
登山靴です。
b0259581_13265360.jpg

ビブラムソールが様々な環境に対応してくれる!
スプリットボードの相性も抜群!ブーツ自体固いのだがその固さで以前よりシールでの移動が楽になった。
b0259581_13265556.jpg


スペアバックパック?ベスト?
The North Face Powder Guide Vest
スキーヤー、スプリットボーダーにおすすめ。
b0259581_13265758.jpg

三種の神器が入り、前方のポッケトには無線機、カメラ、ゴーグル、おにぎり、おやつ、飲み物など様々ものが入る。
バックカントリーもミニマルの方向へ?

様々な道具をフィールドテスト出来るだけでも楽しい。

お宿を設営後は天気の回復を待ち、昼食、おやつ、昼寝をしながらマッタリ。
b0259581_1327049.jpg

b0259581_1327257.jpg


昼寝後外が明るくなったので出てみると!
b0259581_1327935.jpg

b0259581_1327751.jpg


銀色の世界が広がる!
b0259581_13271156.jpg

b0259581_13271263.jpg


素敵な夕暮れ
b0259581_13271484.jpg

b0259581_13271776.jpg

b0259581_13272240.jpg

b0259581_13272632.jpg

b0259581_1327305.jpg

b0259581_13273275.jpg

b0259581_13273668.jpg

b0259581_13273858.jpg


剱御前まで登り、剱岳が!かっこええ!
b0259581_13273941.jpg

b0259581_13274168.jpg

夏は剱岳山頂にトレランで行ったのを思い出す!

写真を撮っているうちに一瞬でガスに覆われる。
b0259581_13274287.jpg

b0259581_13274434.jpg


サンセットランからナイトランに変更へ!
各自持って来たヘッドライトを装着する。
b0259581_13274529.jpg

Black Diamond / Icon  200ルーメンはトレランでも絶大なる信頼を置くヘッドライト!このヘッドライトは立山のナイトランでも快適な光を届けてくれた!
b0259581_13274833.jpg

b0259581_13275154.jpg

b0259581_13275491.jpg

b0259581_13275763.jpg

b0259581_13275915.jpg



無事に滑り終わった後は!

夕食!!
パスタ、スープなど温かいモノが身体にしみる!!!
b0259581_132826.jpg

b0259581_1328496.jpg


JETBOIL SOLチタンで雪から飲み水を作る経験は新鮮だった!
b0259581_1328781.jpg

b0259581_1328863.jpg


出来たお湯を1Lをナルゲンボトルに入れれば湯たんぽへ!これがめちゃくちゃ暖かくて最高!
b0259581_13281022.jpg


20時就寝。

翌日は天気はあまり良くないが朝一雷鳥沢へ!!

フラットライトのため地形がはっきり見えないがパウダーを堪能する。
b0259581_13281110.jpg

b0259581_1328131.jpg

b0259581_13281451.jpg

b0259581_13281654.jpg

b0259581_13281761.jpg

b0259581_13281837.jpg


天気も回復の見込みがないため、これにて立山バックカントリー初滑りは終了!

お宿に戻り撤収!
b0259581_13282174.jpg

b0259581_13282326.jpg


今回の立山バックカントリー&テント泊セッションは貴重な体験が出来た!
自然の中で過ごすと都会では感じれないもの一杯ある!
どんどん感覚が研ぎすまされていく感じがした!

また雪山で滑りたいし、テント泊がしたい!

一緒にセッションしてくれた
b0259581_13282566.jpg

@nobu1080と@ gentem_dpt 楽しい時をありがとうございます!

次回は4月の立山オープンの時かな!?
b0259581_13282636.jpg

b0259581_1328276.jpg

b0259581_13282983.jpg

[PR]
by motonose166 | 2012-12-06 12:42 | バックカントリー | Comments(0)
<< 高木ツアーズ in Nisek... Try HOKA ONE ON... >>